キッチンで多い水トラブルとは

キッチンで多い水トラブルは蛇口の劣化で、近年はレバーになっていることも多く部品も複雑です。

捻らなくても出てくるので便利ですが、劣化や故障すると素人だと治せない漏れになっていることも少なくないです。蛇口のレバーやハンドルを止めても漏れてくることが多く、劣化した蛇口は周辺の部品と一緒に交換するのがよくて、部品は複雑で少しでも大きさがずれると上手く入らないこともあります。キッチンの下の止める栓から水漏れのトラブルも多く、栓の部品が劣化して故障をすると漏れてきます。

キッチン下のシンクにしみだしてくることもあり、メーターの栓を止めてから直ぐに専門の業者へ依頼した方が良いです。シンクの下へ溜まると床が腐って来たり、階下への事故に繋がることも珍しくないです。下の栓からの漏れは亀裂が入ったり経年劣化で故障があると起きて、漏れが起きた時は早めの修理が必要です。

栓からの漏れがシンクを伝い全体を濡らしてしまうこともあり、裏は木製なので木が腐る恐れもあります。漏れの原因となる部品を早く見つけ出して早急に交換します。蛇腹ホースの劣化も水トラブルが多く、蛇腹ホースはシンクよりも比較的耐久性が弱く経年劣化しやすいです。キッチン下の収納を開けるとホースがありますがそこから漏れてきます。損傷を与えている障害物があるときはそれを撤去してから、ホースを交換します。テープなどでホースを修理する方法はあくまで応急処置で、業者へ依頼してホースを交換するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *