水トラブルは家の外でも起きる

水トラブルは家の中だけでなく外でも起きることは多く、例えば家の中ではキッチンはよく排出口に食べかや、何か物が流れると配管が詰まってしまい漏れてきます。

手でゴミをとっても溢れてくるときは、配管やホースが詰まっている可能性が高いです。この場合は、詰まりを流すためにラバーカップを使うと異物が奥に入って取れなくなるので、業者へ相談した方が良いです。外の水トラブルだと、皿目にゴミが詰まったりすることが多く、簡単な修理だと出来る範囲で手でゴミを除去します。屋外だと埃や砂、枯葉などが入ることが多く定期的な清掃で詰まらないようにすることが大切です。配管の清掃では高圧ポンプを使う事もあり、直接配管へゴムを押し当ててから詰まりを取ります。

ポンプに付属されているゴム栓を使い口径にあった物で対応可能で、直接圧をかけるので負担が大きく配管が抜ける恐れもあります。汚れが蓄積が原因になるので、ドレンクリーナーのワイヤーを直に配管内へ挿入して、直接貫通させて除去をします。汚れを全て取り除けるわけではないのであくまで応急処置です。

トラップも水トラブルが多い部位で、これには袋ナットが使われていてナットが振動で弛んで漏れることもあります。定期的な締め付けが必要で専用工具で締めると効果的です。トラップにはパッキンも使われていて圧迫させることで漏れない構造ですが、パッキンは劣化するので定期的な交換が必要です。トラップは内部の臭いの遮断や害虫の侵入を防ぐ効果がありますが、汚れも溜まりやすいので定期的な清掃が欠かせません。薬品などで継続的に掃除を行う事で予防出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *