トイレの水のトラブルで起きやすいこと

トイレの水のトラブルで多いのがタンク内側の防露材が膨らんでしまい、中の部品に干渉している場合です。

これは結露防止の発泡スチロールが膨張して他の部品の邪魔をするために起きるもので、発泡スチロールは長く使っていると内側へと膨らんでしまい、長く使っているとなりやすいです。削ると漏れてしまうので業者へ相談した方が良いです。ウォシュレット内部の水のトラブルも、汚れが詰まったり部品の劣化で本体からぽたぽたと零れてきたり、ノズル部分から垂れてきます。日頃の清掃をしないと汚れが溜まりやすくなって、長く使用していると経年劣化で部品が壊れます。

内側で起きていると点検が難しいのでこれも専門業者へ依頼します。タンクには内部にゴム玉があってチェーンでレバーと繋がってますが、レバーへチェーンが引っ掛かると故障します。チェーンの動作が悪いときや長すぎるとレバーが絡まるので、ゴム玉が下りないために漏れが起きている時は、長さを短くするか正しく作動するように調整を行います。

ボールタップはタンク内に水を供給する部品ですが、10年以上使うと開閉を何万回も行っているので経年劣化で漏れが起きやすくなり、耐用年数を超えたときは交換が必要で漏れが発見しにくい部分でもであります。水トラブルが起きても修理に必要な工具を揃えるとなると費用がかかったり、時間をかかっても直らないことも多いです。そんなときには無理をしないでプロに任せるのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *