トイレの水トラブルで多い部品交換

水トラブルが多いトイレは主に部品の交換でも直ることも多く、排水弁部はタンクから便器へ流したり溜めて蓋をする役割があり、フロートバルブは塩素で溶けて小さくなってしまい劣化するそのまま逃してしまいます。

他にもオーバーフロー管も古くなると根元で織れてしまいタンクに堪らなくなります。ボールタップと排水弁部は耐用年数は10年前後で、少しずつ止まらなくなったり便器へ漏れが起きたりします。タンクの漏れはどちらも可能性が高く同時に交換をすると再度水のトラブルが起きる事も少ないです。フロートバルブにはメーカーによって半月型と丸型の2種類があって、サイズも32・38・51mm用と3種類あります。

これはトイレの水トラブルの漏れで最も多い交換部品で、塩素や洗剤などに含まれている界面活性剤で劣化が促されてしまいます。タンクレバーにも通常と節約できるタイプがあり、大小の切り替えがあると使用用途で節約効果もあります。逆に使用用途を間違えて使うとつまりの原因にもなり、マルチレバーを使うと右や左、正面とすべてに対応出来ます。

蛇口などの器具をメンテナンスするときに止める栓がありますが、これは普段開閉しないので固着して動かないことも多いです。錆びてニップルが折れることもあり、直接的に問題が起きる前に交換した方が良いです。フレキ管は長さを変えられて部品とを接続するもので、伸縮するので施工がしやすくてパッキン交換をすると漏れも直ります。ステンレスを使っていて腐食に強くて柔軟性もあるので地震の影響を受けにくいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *