トイレの水のトラブルを考える

家庭内で起きる水のトラブルにはさまざまなものがありますが、特に発生すると焦るものに、トイレの水漏れが挙げられます。

特にマンション住まいの家庭であればフロアが水浸しになることはもちろん、下階にも影響を与える可能性があるので早急に対応することがポイントです。トイレにおける水のトラブルにはパイプ等からの水漏れと、タンクからの水漏れに分けられます。

いずれにしても、どこが原因であるかを知る必要があります。まず行うことは止水栓を止めることです。それにより、水漏れを止めることができ、落ち着いて作業をすることができます。パイプ等からの水漏れである場合、パッキンの劣化やパイプの接合部のナットが緩んでいることが多いです。この場合、パッキンであれば、新しいものと交換することで直ります。

また、ナットであれば緩んでいる箇所を締め直すことで水漏れを止めることが可能です。パイプには規格があることから、あらかじめ調べておいて、ホームセンター等に買いに行くことになります。タンクからの水漏れの場合、タンク内部の部品の劣化や浮き玉が外れていることが考えられます。

浮き玉が外れている場合には、取り付けることで改善できます。なお、節水の方法としてトイレタンク内にペットボトルを投入するというものがありますが、ペットボトルが浮き玉に当たり外れるケースもあるので、トイレの水のトラブルを防ぐためにはトイレタンク内には物を投入しないことが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *